Salon de chacha

新着ブログ

多すぎる人と足りない人
こんにちは!chacha横浜本店です(*^-^*)

 

 

 

東洋医学では『虚実』という言葉がありますが、タイトルと同じく『足りないもの、多すぎるもの』という意味。
簡単に見分けるやり方として、色白で細身の方は虚、がっしりで体力充実は実という感じ。ただ本当はもっと奥が深く治療として診断するのであれば、体格は良いが色が白く汗っかきだけど手足が冷たい、など特徴を細かく分析していって『根本は虚』という方もたくさんいます。

 

ブログ画像
実している所を取り除き足りないものを補うことで体のバランスが良くなる、という考え方。

 

 

陰陽と同じく、いつも一定ではなく増えたり減ったりしながらバランスをとっているのです。それが大幅に増した状態、減った状態が『病』です。
私もストレスなどですぐ免疫力が下がり、命には関わりないけどものすごく厄介な病気にことごとくかかってきました。東洋医学を勉強することで『脾気虚』がベースにあることがわかりました。もともと胃腸が弱いためです。しかし、表に現れているのは炎症の症状やむくみで体がパンパンになったりお腹が張ったりする実証が多いのです。

 

 

根本は足りてないのですが、火を噴いてる状態の時に栄養を取り込んでも身体に入っていくわけがありませんから、まず鎮火させる処置をします。瀉血といわれる療法や鍼による瀉法で熱を取ると私の場合は本当に体が軽くなります。そこから日常生活の見直しをして、ストレスでおかしくなっているところをつきとめ、ストレスの元を排除していきます。

 

 

多すぎる人は振り切れるポイントがすぐそこなので溜め込まないこと。こまめに汗を流し、便通も良くしておき、食べ過ぎ飲みすぎに注意することです。
足りない人は体を温め、エネルギーとなるものを積極的に食べるようにする、運動をして筋肉を使うことが大切です。

 

 

今一度ご自身の体調や、今どう感じるかを振りかってみてはいかがでしょうか?自然界と同じく私たちの身体も流動的です。足りないもの、多すぎるものを感じ取ってバランス良く過ごしたいものですね(*^-^*)

 

 

 

それでは♪また

 

コンテンツ


プレミアムチケット

サロン販売品バナー.jpg