Salon de chacha

新着ブログ

抗アレルギー剤にご用心☆

こんにちは!chacha横浜本店です(*^-^*)

 

 

ブログ画像
花粉シーズンを必死に乗り越えようとしているところです。私の独自対処法ですが、アレグラと思いこみ療法です。アレグラは比較的弱めの花粉治療薬ですが、これどまりにしておいて後は『花粉なんて本当に飛んでいると思うのか?』『別に他にも飛んでるものがあるじゃないか』『昨日よりは全然マシだ』という自己暗示をかけてちょっとでも気を紛らわそうとするものです。

 

 

現に、ニュースなどで画面からスギ花粉の黄色い粉を見ると気分から先にやられるんです。そこからしてもう憂うつなんです。だから、ちょっと落ち着いて逆に深呼吸してみたり、無視してジムでトレーニングするとか気持ちをそこから逸らす努力も必要なんじゃないかと思うのです。

 

 

抗アレルギー剤は結局対処療法ですから根本治療ではありません。その証拠に結局毎年これを飲んでやり過ごすしかないですよね。でもないと辛くて日常生活に支障をきたします。
そんな、抗アレルギー剤で注意しなければならないことがあります。

 

 

それは『味覚異常』

 

 

私はほかのアレルギーにもなっていたので2ヶ月ほど抗アレルギー剤を飲み続けました。その結果、なんだか食欲がとまらなくなり、どんなに食べても満足しない状態に。
身体がおかしい…と気づいたポイントに、ドトールのケーキの味を感じていないことに気づきました。
あ!甘いものの味がわからないんだ!!と思いました。抗アレルギー剤は長く服用すると味蕾という舌の部分の感覚がおかしくなるのだそうです。
こうなったらどっちをとるかですよねー(泣)と思い、弱いアレルギー剤に変え、しかも極力飲まないしかないということになりました。

 

 

だから結局ストレスを溜めない方法、食生活の改善、運動しかないのですよ。それらをまんべんなく行えるようにコントロールするために、ボディケアとかアロマとか活用することが重要なのです。
何年かかってもやっぱり難しい…自分の身体のコントロール。でも、やっぱり薬に頼ってはいけないかな、と思います(;^_^A

 

 

皆さまもぜひ一度見直してみてくださいね!大切なのはバランスとコントロール。一緒に辛い時期を乗り切りましょう。

 

 

 

それでは、また♪

 

コンテンツ

サロン販売品バナー.jpg